サヌカイト風鈴A

サヌカイトとは

サヌカイトは、他の石にはない切れの良さから縄文の頃より刃物として重宝されてきました。
また、叩けばよく響き、かんかん石として知られ、楽器として1964年の東京五輪で開会式や選手村の音楽に使われました。
メシアメジャーからのメッセージによると、精神的疾患の回復や脳の開花にはサヌカイトに周波数が最も優れているそうです。
サヌカイトは、低周波数の音色を出し、人の耳に聞こえない非可聴低周波数の範囲で、未知の超音波を脳に与えることができるようです。


香川県でしか取れない石・讃岐石、別名サヌカイト。
厄除けにもなるサヌカイトを風鈴にいたしました。
美しいハーモニーを奏でるこの風鈴を、気になる場所に飾って、環境を整えてみてはいかがでしょうか。


※商品は一例です。全て一点ものですので、重量や形状は写真とは異なります。
※商品の発送は、入金確認後に株式会社クリーク(高知)より直送いたします。お届けまでに数日かかる場合があります。
※在庫切れの場合、受注を受けてからの生産となりますので、お時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
※サヌカイトの体感には個人差があります。
販売価格 100,000円(内税)
購入数











Top